サブキャッチコピー(サブヘッドライン)

サブキャッチとは

サブキャッチとは、キャッチコピーを補足する部分です。
例えば、キャッチコピーが「NASAが発見したダイエットサプリを公開」
だとしたら、

サブキャッチは、
「100人のモニターが、1日わずか10分、15日間だけで脂肪が○%燃焼した」
のように、キャッチコピーを、より具体的に、そして魅力的に見せるパーツです。

大体2,3行で書き終えるとして、このサブキャッチの中にも、先ほどお伝えした
キャッチコピーの要素を取り入れてつくりましょう。

「100人のモニターが、1日わずか10分、15日間だけで脂肪が○%燃焼した」

の場合だと、100名、1日、10分、15日などの「数字」。
わずか10分という「利便性」などがあります。

見方によっては、100名のモニターという実践者の人数により、
安心感を抱いてくれるお客様もいるかもしれません。

サブキャッチは何を意識すればいいのか

サブキャッチには、人間の3大欲求を含めるといいです。
3大欲求とは、、、

・短時間
・簡単
・確実

など。

キャッチコピーでは伝えられていない部分を補い、
メリットとベネフィットをしっかりと伝えられるようにしましょう。
ここまでが、「キャッチコピー」の部分です。
ここからは、「ボディコピー」に入っていきます。

このボディコピーはいくつものパーツに分かれているので、
1つひとつ説明していきますが、覚えておいてほしいのは、
ボディコピーがどんなに上手く書けても、

キャッチコピーでお客様の興味を惹けていなければ、
ボディコピーまで読み進めてはもらえないということ。

最新情報をチェックしよう!

サブキャッチコピー最新記事8件

>”人を動かす”セールスライティングの教科書

”人を動かす”セールスライティングの教科書

文字だけで価値を伝える 最高の技術をあなたに
本物のセールスライティングのスキルを身につければ
セールスレター、レポート、メルマガ、ブログ、アフィリエイト
どんな場所でも商品を売ることができます。

CTR IMG