リードを考える時間を大幅に短縮させよう(映画予告編)

リード(つかみ)では、これから文章を読み進める「読み手」のワクワク度を煽る必要がある。
その為には、本文のなかで特に印象に残る部分を抜き出して書く。

タイトルやキャッチコピー同様に、読み手の興味を引き付けるものでなければ、文章は読み進めてもらえない。
だからこそ、リードでは本文の印象に残る部分を、いろいろなところから抜き出してくる。
 
 
分かりやすく説明するには、映画の予告編を思い浮かべるといいだろう。
ほとんどの人が映画の予告編を見たことがあると思う。
 
 
映画の予告編では、その映画全体の中で、印象に残る部分やセリフの場面を抜き出して作られている。
映画全体を、ものすごく小さくまとめたものと考えるといいだろう。
 
 
予告で流れるセリフが、かっこいいものであったり、
意味深なものだと、見ている人は気になり、映画が上映されると、ついつい足を運んでしまうのだ。
 
 
リード(つかみ)では、本文のなかで印象に残る部分を抜き出して、
文章全体を小さく2行ほどにまとめると、難しく考えずに書くことができる。
 
 

最新情報をチェックしよう!
>”人を動かす”セールスライティングの教科書

”人を動かす”セールスライティングの教科書

文字だけで価値を伝える 最高の技術をあなたに
本物のセールスライティングのスキルを身につければ
セールスレター、レポート、メルマガ、ブログ、アフィリエイト
どんな場所でも商品を売ることができます。

CTR IMG