温かいと暖かいの違いと正しい使い分け方

「温かい」と「暖かい」は使い分けにちょっと迷いますよね。

んーこれはどっちが正解なのか…とついついググッてしまうこともしばしば。

ですが、これからご紹介することを覚えておくと、正しい使い分け方をググらなくても済むようになります。

つまり、日々の時間短縮になるということです。

そんな『温かいと暖かい』の違いと正しい使い分け方をご紹介いたします。

 

温かいの正しい使い方

 

主にに物に触れたときに体感するもの(温度)。

  • おでこが温かい、風邪をひいたかも…
  • 温かいお茶
  • 手と手が触れて温かい
[温かい]という漢字を使うときは、熱くない程度の温度を表現するときに使います。

[漢字]温の意味?

【温( 溫 )】 をん [音] オン ・ウン
① あたたかい。あたたかさ。 「温室・温泉・温暖・温度・温気(うんき)((おんき))・気温・微温」
② おだやか。 「温厚・温順・温情・温良・温和」
③ たずねる。あたためる。 「温故・温習」
④ そのままの形でつつむ。大切にする。 「温存」
出典:webilio辞書

 

温かいの反対語

・おでこが以前より冷たくなった。熱が下がったかもしれない三点
・喉がかわいたな…冷たいお茶が飲みたい。
・彼女の手は指先まで冷たかった。

 

暖かいの正しい使い方

 

気候や気温、温度にたいして体感するもの。

  • 気温が暖かい
  • 夏の風が暖かい
  • 暖房がきいていて暖かい
[暖かい]という漢字を使うときは、暑くない程度の気温を表現するときに使います。

 

[漢字]暖の意味?

【暖】 [音] ダン
① あたたかい。 「暖気・暖地・暖流・温暖・寒暖・春暖・暖衣飽食」
② あたためる。 「暖房・暖炉」
出典:webilio辞書

 

温かいの反対語

・昨日から急に気温が寒い
・夏でも海沿いは風が冷たくて寒い
・暖房が壊れて部屋が寒い

 

まとめ

 

温かいと暖かいの使い分け方は、反対語を考えると分かりやすくなります。

温かい←→冷たい
暖かい←→寒い

これさえ覚えておけば、どちらか迷ったときに正しい使い分けができるでしょう。

最後に、これはどちらの”あたたかい”か分かりますか?

・恋人のあたたかい思いを受け取った。

はい、答えは「温かい」です。

あの人は冷たい…とは言いますが、あの人は寒いとは言いませんよね?

そう、これも反対語で考えると分かりやすいのです。

 

漢字の違いと正しい使い分けをもっと知るには、こちらの本がおすすめです。

 

ぜひ、ご参考になれば嬉しいです(*_*)

最新情報をチェックしよう!
>”人を動かす”セールスライティングの教科書

”人を動かす”セールスライティングの教科書

文字だけで価値を伝える 最高の技術をあなたに
本物のセールスライティングのスキルを身につければ
セールスレター、レポート、メルマガ、ブログ、アフィリエイト
どんな場所でも商品を売ることができます。

CTR IMG